【大学生限定】6ヶ月無料でPrime studentを体験する▶︎▶︎▶︎

【薬学生が語る】薬学部男子を彼氏にするメリットとデメリット3選

薬学部
悩んでいる人<br><br>
悩んでいる人

・彼氏が欲しい
・薬学部男子が彼氏ってどうなの?
・薬学部の男子ってどんな感じなの?

このような悩みを解決できる記事となっています。

僕は現在薬学部に在学しており、薬学部の男子がどのような感じなのかを身近でみているので詳しいです。

この記事では、『理系学部である薬学部の男子を彼氏にするとどんな感じなのか』についてと『薬学部の男子を彼氏にするメリットとデメリット』を紹介します。

記事をを見終えた頃には、薬学部の男子が自分に合うかどうかが分かり、彼氏にしたいかしたくないかがハッキリすると思います。

薬学部男子が彼氏だとどうなの?

まず最初に、薬学部男子を彼氏にすると、どのような感じなのかについて説明していきたいと思います。

1:浮気しにくい

薬学部の人は勉強や実験などでとても忙しいので、あまり浮気するような人は少ないと思います。

さらに、大人しい人が多いため、恋愛経験が少なく、浮気しにくいと思います。

2:学年が上がるにつれて2人の時間を過ごしにくくなる

学年が上がるにつれて、2人の時間を過ごしにくくなるとはどういうことかについて説明すると、薬学部は1〜3年生の間はまだ勉強もそこまで忙しいというわけでは無いので、頻繁に会ったり遊んだりできるのですが、4年生以降になると授業が1限から5限までほとんど埋まっており、会うのが厳しくなってきます。

さらに、研究室に配属されたり5年生に上がるための試験があったりするので、とても忙しくなります。

また、自分が文系の場合だと、就職してさらに時間がなくなるので大変になると思います。

3:休みが合いにくい

2つ目の休みが合いにくいとはどういうことかについて説明すると、薬学部だけではありませんんが、理系では実験があり回数も多いし、テストも大変なため勉強もしなければなりません。

さらにバイトもあるので、さらに休みが合いにくくなります。

薬学部の男子を彼氏にするメリットとデメリット

次に、薬学部男子を彼氏にするメリットデメリットについて紹介していきます。

これを見て、自分が合うかどうかを確かめてみて下さい。

彼氏にするメリット

1:真面目な人が多い

薬学部の人は受験の時にしっかり勉強している人や日頃から真面目に勉強に取り組んでいた人が多いので、他の学部の人と比べると比較的多いのでオススメです。

2:イケメンが多い

これは大学によると思いますが、イケメンが意外と多いです。

皆さんの薬学部のイメージは地味でおしゃれではなくて暗いイメージを持っているかもしれませんが、全然そうではなくて、結構みんな明るくておしゃれで皆さんが思い描いている理系のイメージとは違います。

3:大人しい人が多い

薬学部の男子は大人しい人が多いです。

逆に言えば、肉食系の人は少ないですがオラオラしている感じの人は少ないし、情緒が安定している人ばかりなのでいいと思います。

彼氏にするデメリット

1:忙しいくて会いにくい

最初の方にも説明しましたが、勉強や実験などで、どんどん忙しくなってくるので、会える頻度は減っていくと思います。

2:周りに女性が多い

薬学部は周りに女性が多いので、普通の人よりも女性を見る目が厳しくなっているのではないかと思います。

見る目が厳しくなるとは、周りに女性が多いので、理想が高くなっているということです。

3:積極的でない人が多い

薬学部の男子は、比較的大人しい人が多いので、自分から積極的に行動する人が少ないように感じられます。

なので、積極的な男子が好きな人には合わないかもしれません。

まとめ

上記で説明してきた、薬学部の男子を彼氏にするとどうなのかについてと、彼氏にするメリットとデメリットについて、もう一度まとめると、

薬学部の男子を彼氏にするとどうなのか
・浮気しにくい
・学年が上がるにつれて会いにくくなる
・休みが合いにくい

薬学部男子を彼氏にするメリットとデメリット
▶︎メリット
 ・真面目な人が多い
 ・イケメンが多い
 ・大人しい人が多い

▶︎デメリット
 ・忙しくて会いにくい
 ・周りに女性が多い
 ・積極的でない人が多い

以上がまとめたものです。

彼氏が欲しいと思っている人はぜひ一度薬学部の人を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました